計測器についての情報がいっぱい!

このサイトでは、様々な分野で使われる放射温度計測器の特徴とメリットを紹介します。
対象物の温度を測る行為は、工業だけでなく医療や料理においても成功率を上げるために大事な要素です。
従来の計測器だと対象物に対して近づかないといけないので、特に1000度を超える溶鉱炉などを用いる工業においては大変危険です。
そこで対象物に近づかなくても、安心して測れる技術としてセンサーを使った検査をできるようにしたのがこの危機になります。

放射温度計測器とは

放射温度計測器とは 対象物の温度を測るための計測器の放射温度計測器とは、対象物が発する温度を感知してデジタル数値で表して器です。
世に出回るすべてのものには等しく温度があり、サーモグラフィで見ると大小問わずに赤外線などを光線を発しています。
放射温度計測器は、その対象物が発している赤外線などの光線を分析して測ります。
この計測器のメリットは、やはり対象物に近づかなくても温度を測れる琴です。
特に赤ちゃんや幼児が、病気になった時に温度が変化していないか調べる必要があります。
しかし不安感と違和感が原因で動いてしまうので、密着型の計測器では測るのが難しいです。
そこで発している赤外線から判別して分析することで、正確な計測をすることができます。

放射温度計の計測器の原理とはどのようなもの

放射温度計の計測器の原理とはどのようなもの 放射温度計の原理とは、物体から放射されている赤外線や可視光線の強度を計測器により測定して、その物体の温度を調べることです。
自分の手のひらを頬に近づけると暖かい感じがします。
これは手にひらから出ている赤外線を、頬が感知するためであると言えるでしょう。
全ての物体は赤外線を放出しています。
その温度が高ければ高いほど、赤外線の量が多いと考えられているのです。
赤外線は、通常人が目で見ている可視光線と同様の光の一種であると言えます。
計測器としての放射温度計の導入には、メリットが多いです。
まずは高速で温度測定が可能となります。
また、物体に接触することなく温度を測定することができます。
動きがある物体や、回転している物体の温度測定にも効果的です。
ただし、物体の内部の温度を測定することはできません。
放射温度計は、物体から放射された赤外線をレンズを利用して、温度に応じた電気信号を生じる検出素子であるサーモパイルと呼ばれる検出素子に集光します。
原理自体は同じですが、携帯型や設置型など種類が異なるため、使用状況に応じて選択が可能です。
携帯型は小型で手に持って物体の温度を測定することが可能なため、比較的小さい物体の温度測定に向いています。

プログラマブル直流電子負荷についてもっと調べる

プログラマブル直流電子負荷

新着情報

◎2020/9/8

ゼーベック効果を利用した計測器
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

放射温度計の設置型
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「計測 放射」
に関連するツイート
Twitter